水を使う生活家電はきれいで安全な水を使用しましょう | ウォーターサーバー隊

水を使う生活家電はきれいで安全な水を使用しましょう | ウォーターサーバー隊

浄水器より美味しく飲むために最初に登場した家電と言えば、浄水器です。
当初はほとんどが据え置き型でしたが、その後、場所を取る据え置き型に対抗するかのように増えてきたのが水道直結型です。
今や家電量販店に行けば、調理家電のコーナーができており、水道直結型から据え置き型までずらりと並び、さまざまなタイプが選べるようになっています。
水道直結型は据え置き型に比べて場所を取らないため、水道直結型にしたいと考える人は多くいますが、昨今のキッチンの蛇口には取り付けられないタイプも多くなっていますので、そのあたりは注意が必要です。

掃除家電や調理家電と同じ感覚になってきました

冷水器かつては病院や学校などに冷水器と呼ばれる、足でレバーを踏んだり、ボタンを押して蛇口から出して飲む機械があちこちに置かれていたものです。
いつでも飲めるということで多くの人が利用していましたが、衛生面において疑問を持たれるようになり、利用する人が極端に少なくなるにつれ、どんどん撤去されていき、今ではほとんど見かけることがありません。
その代わり、今では調理家電や掃除家電を買うのと同じ感覚で購入する人が増えてきたのが、ウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーは最初は医療機関などで導入され始めたことから、多少大きくても設置が可能でしたが、家庭に置くとなるとサイズに問題が出てきます。
そのため、今では家庭向けの非常にコンパクトなウォーターサーバーが登場し、値段もお手頃になって家電感覚で採り入れることが可能になっています。

ウォーターサーバーの水は、機械によって異なり、カルキ臭や塩素を含む水道水を使っているものの、これらの不純物を取り除くことによって安価を実現しているタイプもあれば、ボトル料金は多少高くなっても、安全なだけでなく美味しく飲みたいという需要にも応えられる天然水タイプは、種類が豊富になっていて人気があります。
ウォーターサーバー
カルキ臭がひどくて飲めなかったり、赤ちゃんのミルクやお茶を作るのに塩素が入った水を使うと考えると、どうしても水道水をそのまま飲むというわけにはいかないと考える人が出てくるのも、今の時代は無理はありません。
とにかく安全に飲むことが何よりも重要と考える人にとって、水専用の家電として用いるウォーターサーバーは、魅力的に思えるでしょう。

据え置きタイプ、水道直結型のどちらと比較しても、利便性の良さも加わったことから、ウォーターサーバーに軍配が上がるのではないでしょうか。
昨今はボトルが使い捨てになったため、いっそう衛生面での不安がなくなり、安全面での配慮が強化されたことも魅力だと感じる人が多いでしょう。

ウォーターサーバーを購入する前に

お支払よりおいしく、そして安全に飲むためにとウォーターサーバーの購入を決めた場合、様々な要素を検討しなくてはなりません。家電量販店で本体を見ていると、店が広いことからコンパクトに見えてしまいますが、実際に届くと思っていたよりも大きかったというのはよくあることです。

そのため、できるだけ事前にどこに置くかを考えて、置けるサイズを測ってから探しに行くのがいいでしょう。電気を使って動く家電製品だけに、できればコンセントの近くに置けるのが理想です。コンセントから遠く離れた場所に設置した場合、差し込み口までコンセントが届かず、延長コードを利用することになるかもしれません。

ウォーターサーバーによっては延長コードの利用は不可としているものもありますので、前もって注意しておきたい要素です。どうしてもコンセントの近くに場所がないのであれば、延長コードの利用で使えるものを選ぶか、あるいはコンセントを新設するなどの手配も必要になってきます。

お湯また、ウォーターサーバーには冷たいお水だけでなくお湯がすぐに飲めるタイプもあります。当然のことながら冷たいものだけよりも、ウォーターサーバー本体が大きくなりますし、電気代も高くつきます。よりコンパクトなものを求めるなら冷水だけということになりますが、お湯が一緒に使えると、赤ちゃんのミルクを作るといった目的で使うつもりであれば便利なのは確かです。

また、冬に冷たいだけなのはつらいということもあり、お湯を混ぜて適温にするといったことが簡単にできるようになるのも、温冷の両方が使えるウォーターサーバーのメリットです。メリットとデメリットの両方を考え、メリットがデメリットを上回ると判断できた場合は、何とかして場所を作り出し、大きめサイズにはなっても温冷タイプのウォーターサーバーを購入することで後になってお湯も出るようにしておけばよかったと後悔することがなくなるのは間違いなしです。

ウォーターサーバー選びは大きさだけではありません

RO水と天然水の違い

お湯も出るタイプにしたいから、思い切って大きめのウォーターサーバーを買うことにしたとしても、それで安全に飲める選択が終わったわけではありません。そもそもウォーターサーバーは、2種類の異なるタイプの水を使っているからです。

ひとつはRO水と呼ばれるもので、RO膜というフィルターを通して水道水をろ過した水のことを言います。もう一つが地下の奥深くにある採水地から採取してきた天然水です。こう聞くと、水道水をろ過したRO水なら、浄水器と変わりないのではという気になってしまう人もいるでしょう。

けれど、RO水は浄水器とは異なり、ウォーターサーバーでのみ使われることを考えて作られているだけあっていろいろな長所があります。水道水を使うものの、RO膜は1000万分の1ミリ、単位にすると0.0001ミクロンという非常に細かいフィルターを使ってろ過しますので、不純物はほぼ取り除けるからです。

0.0001ミクロンという大きさがどのくらいかがよく分からないという人も多いでしょうが、インフルエンザウィルスが0.1ミクロン、スギ花粉なら30.0ミクロンもありますので、スギ花粉などまったく問題になりません。0.1ミクロンのインフルエンザウイルスでさえも、0.0001ミクロンの前では大きすぎると感じるサイズです。

さらにダイオキシンや環境ホルモンもしっかりと取り除けることが可能だと言われても、その理由が大部分の不純物を取り除ける非常に細かなフィルターにあることを知れば、水道水を元にしているとはいえ、RO水がいかにきれいな水かがわかり、認識も大きく変わるでしょう。

RO水はウォーターサーバーだからこそ実現できる、可能な限り不純物を取り除いたきれいなお水ですので、購入候補にしっかりと挙げることが出来ます。どこかで飲める機会があれば、いかにクリアになっているかを味わうことが出来ますので、納得しやすくなること間違いなしです。

天然水のメリットはどんなものがあるのか

天然水

RO水と比較した場合のもう一つの選択肢である天然水のメリットとしては、ペットボトルで売られていることでお馴染みであり、これまで飲んできたという安心感が挙げられます。ただ、天然という定義は非常にあやふやです。

ウォーターサーバーにおいては、地下から汲み上げた水を飲用可能にしたという定義になっています。飲用可能な状態というのは、沈殿やろ過を繰り返すことで不純物を取り除き、そこへさらに加熱殺菌や、オゾン及び紫外線照射によって殺菌をしていることなどが挙げられます。

日本各地には名水と呼ばれる水が沢山あり、美味しいお米を作ったり、日本酒やウィスキーを作る際に水にこだわって水田や田畑、さらには酒蔵や蒸留所の場所が決められることがよくあります。それを考えると、ウォーターサーバーを選ぶときの理由の一番を水にするならば、一言で言えばどちらがより好ましいと感じるかでしょう。

RO水は水道水を元にしていることから、人工的に作られた非常にきれいで安全な水といえますし、天然水は天然であるがゆえにミネラルなどの成分を含むことからおいしい味わいの水になるという違いがあります。安全性においてはどちらも十分に配慮されていますので、どちらを選んでも安全なのに変わりはありませんが、結果的によりこだわるのはどちらかということでしょう。

ただ、料金面でいえば、水道水を元にしているRO水のほうが低価格なのは、確保に手間がかかる天然水と比べれば一目瞭然です。長く飲むことになるからおいしさを求めるのか、それともコストパフォーマンスを重視するのかで、どのウォーターサーバーにするかも必然的に絞りこまれてくるでしょう。

RO水にはおいしさは求めず、とにかく安全性というイメージになってしまいますが、近年はミネラルをバランスよく配合するなどしておいしさも感じられる水に仕上げています。より安全な水を飲む必要がある地域ではRO水が適しているかもしれません。

おすすめウォーターサーバー人気ランキング!【水道直結型(ボトルレス)】

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

Cool Qoo(クールクー)
クールクーのここがおすすめ!
  • 放射性物質も除去するピュアウォーター
  • 水素の力で美容健康、老化防止の水がタダ同然
  • 自動洗浄で常に清潔!プロのメンテナンスも有り!

水道直結型の「Cool Qoo(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。
定額のサーバー代だけで、しっかりと「ろ過」された水を自由に飲むことが出来ます。

年に一度のプロによるメンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。 特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。

美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーン などもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

おすすめ度 ★★★★★
初期費用 4,200円(税別)※プランによる
月額費用 4,200円(税別)※プランによる
メンテナンス 年1回※無料
電気代 月800円程度
ピュアウェーブ
ピュアウェーブのここがおすすめ!
  • NASA採用の最先端浄水システム
  • 簡単なメンテナンス

ピュアウェーブは、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。
水道に分岐具を取り付けて、そこから給水するため、難しい工事の必要が無いのが特徴となっています。

フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。
ROフィルターでろ過された、安心して飲めるお水を定額で利用できます。

おすすめ度 ★★★★
初期費用 無料
月額費用 4,200円(税別)
メンテナンス 無料
電気代 月1,000円程度
楽水(らくみず)
楽水のここがおすすめ!
  • 温水が約90℃(他社の+5℃程度)

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。
さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討出来ます。

「お手軽プラン」では、サーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、
「工事費無料プラン」では、サーバー代4,250円で初回工事費無料となっています。
買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

おすすめ度 ★★★
初期費用 無料※プランによる
月額費用 4,250円(税別)
メンテナンス 無料
電気代 月1,000円程度

ウォーターサーバー選びに迷ったら「Cool Qoo(クールクー)」がおすすめ!

ノンボトル・ウォーターサーバー「CoolQoo(クール・クー)」愛用者様のお声

  • いままでのウォーターサーバーってなんだったんだろう、って思ってしまうくらい、このタイプは楽ちんで助かります。
  • ピュアウォーターに水素水がはいったコースを利用していますが、日々雑誌でも目にする憧れの水素水。これが、水道代だけで飲み放題だなんて、信じられません。
  • 明らかに経済的に得!会社はROろ過コースですが、密かに、新婚夫婦の我が家には「ROろ過水素水コース」を導入しようと思っています。

「CoolQoo」の水は飲む前にろ過をするので、抜群に鮮度が高く、本当の意味でのピュアウォーターを飲む事ができます。
生活に欠かすことの出来ないお水だからこそ、安心と安全、そして美味しさを追求してみませんか?

関連記事

月間記事ランキング