水を使う生活家電はきれいで安全な水を使用しましょう | ウォーターサーバー隊

加湿器に適した水がある?交換のタイミングや正しい使い方をご紹介

加湿器風邪予防や肌や喉の乾燥を防ぎたいために利用するのが加湿器です。
常に適度な量の水分を放出して潤いを与えてくれるので便利ですが、ただ、適している水があるのか、そして掃除はいつごろで行なえばよいのかなど分からないという人も多いようです。
実は加湿器においてこの2つの要点を知らないと重度の健康被害につながる場合があるので、しっかりと加湿器の知識を有しておく必要があります。

加湿器を使う際の適した水と使い方

水道水加湿器を使う際に水道水ではなく市販のミネラルウォーターなどのカルキを抜いた物を使ったほうが鮮度が良いのではないかと思う人もたくさんいます。
しかしそれは大きな間違いであり、説明書に書かれている通りに加湿器を使う際には必ず水道水を活用することが義務付けられています。
その理由は貯水池から送る際に、遠くの自宅にまで雑菌が繁殖せずに送り届けられるように塩素を入れているからです。
ミネラルウォーターの多くは水道水を特殊なフィルターに掛けてろ過し塩素を取り除いています。
飲み水であれば美味しく感じますが、加湿器は水を微粒子にして放出する機器なので内部に粒子がたくさん付いてしまいます。

問題はカビであり、カビは内部に付いた粒子に吸着して内部で繁殖してしまうのです。
その状態で粒子を放出すれば、カビごと放出することで空気中に舞い上がってしまい、肺炎や気管支炎の原因になります。
水道水の場合塩素が入っているのでまったくではないですがカビの繁殖を抑えることができますが、塩素を入れていないミネラルウォーターで使用するとカビが繁殖しやすい環境になるのでご法度です。

正しい使い方としてはタンクの容量を満たすのではなく、必ず容量の半分まで水を入れるだけにします。
その理由は容量の半分にすることによって、毎日新しい水に交換できるのでカビが生えにくいからです。
なによりタンクに水を入れっぱなしにすると、その加湿器の温度で水の中にレジオネラ菌が繁殖する可能性が高いです。
レジオネラ菌も毒性の高い菌であり、抵抗力の弱い子供やお年寄りが吸引すると重篤化することも考えられます。
毎日取り替えればカビの繁殖を抑えられるだけでなく、全てを使い切り入れっぱなしを防げばレジオネラ菌の繁殖を抑えられます。

覚えておきたいタンクの交換時期と手入れ方法

掃除

基本的に毎日換えるのが理想ですが、最大延長期間のタイミングは2日を目安にします。
それは塩素は揮発しやすい物質であるため、タンクに新しく入れても2日もあれば全て空気に溶け込んでしまうのです。
そして交換する時期も大事ですが、もう一つ必要不可欠なのが掃除をするタイミングです。
掃除をするタイミングは、フィルターとタンクで違います。
フィルターは毎日負担を掛けているので、使用中の内蔵されているフィルターについては、1週間を目安にするか機器がフィルター掃除をしてほしいという信号を出したときに掃除をします。

基本的には固く絞ったタオルで拭くだけでよいですが、あまりにも埃やチリが多かったり黒いシミが出来ているときには薄めた石鹸とブラシで洗浄して風通しのよい日陰で乾燥させます。
タンクの場合には拭くだけでよいと思う人も多いですが、実はそれは間違いです。
それはタンクの中に水を入れると、最初は目に見えないですが塩素とミネラルが結びついて薄い膜を作っています。
それは拭いただけで取れるものではなく所々残ってしまい、それが複数回続けて使ってしまうと薄い膜が積み重なって濃くなり最終的には濃い赤色をした膜が出来上がります。

この段階まで行くと拭いただけでは取れなくなるだけでなく、使用したときにフィルターでも取れないような強いにおいが出てしまいます。
そこでタンクを拭くときには、必ず水だけでなくクエン酸を用いて拭き掃除をします。
薄い膜の正体は塩素とミネラルが空気に触れることで酸化したものだからです。
そこでクエン酸のアルカリ性を利用して、酸素に触れて酸化した塩素とミネラルを中和することによってはがれ落としやすくするのです。

関連記事

月間記事ランキング