水を使う生活家電はきれいで安全な水を使用しましょう | ウォーターサーバー隊

自宅の製氷機で使用する水の注意点とは?天然水はダメ!RO水(純水)はOK!

製氷機

冷蔵庫の製氷機で氷を作る際に、カルキ臭が嫌で天然水や浄水器の水を利用している人も少なくありません。
天然水で作った氷はカルキ臭が無いのでおいしいと感じるかもしれませんが、殺菌剤が含まれていないので空気中の雑菌やカビが繁殖して食中毒の原因になる恐れがあるので危険です。
浄水器でカルキが除去された水も殺菌力が無いので危険です。

冷蔵庫の製氷機で安全な氷を作りたい場合には、雑菌が繁殖しない水道水を利用する必要があります。
カルキ臭がしない安全な氷を作りたい場合には、RO水(純粋)を利用することができます。

浄水器の水やミネラルウォーターで氷を作るべきでない理由とは

理科の教科書によれば水の分子式はH2Oで、腐ることはないと記述されています。
これは間違いではありませんが、ミネラルウォーターや浄水器の水には当てはまりません。
なぜならこれらの水には細菌の餌となる有機物やミネラル分が溶けているので、汲み置きして放置すると空気中の雑菌が繁殖して腐ってしまうからです。
製氷機で氷を作る際も、冷凍庫の中で空気と触れることで雑菌が入り込んで繁殖する恐れがあります。

製氷機で氷を作る場合は、食中毒を防ぐためにトレーや氷を入れる容器を常に清潔に保つ必要があります。
これに加えて雑菌が繁殖しない安全な水を使用すべきです。
水道水には消毒用のカルキ(塩素)が含まれているので、氷ができるまでの間に空気中の雑菌やカビが混入しても繁殖する恐れはありません。
これに対して殺菌効果のあるカルキが含まれていない天然水は空気中の雑菌やカビが入り込むと繁殖してしまうため、食中毒を起こす危険があります。

ウォーターサーバーのタンク内やサーバーの蛇口までは雑菌が入り込まないような構造になっていますが、蛇口から出た後は空気中の雑菌が入り込んでしまう恐れがあります。
そのため、ウォーターサーバーのミネラルウォーターも氷を作るのに適していません。浄水器を利用したり煮沸してカルキを除去した水道水についても消毒剤が含まれていないため、氷を作ると食中毒のリスクがあります。

製氷機のトレーや氷を入れる容器を消毒すれば食中毒のリスクは低くなります。
それでも氷ができるまでの間に水面が空気と触れている部分からカビや雑菌で汚染されるリスクがあります。
そのため、冷凍庫の製氷機で氷を作る際は殺菌力のある水道水を使用しなければなりません。

氷にはRO水(純粋)がおすすめの理由と安全な氷の作り方

氷たくさん

冷凍庫の製氷機で氷を作る場合にはカルキが含まれる水道水を利用する必要があります。
カルキ臭がしないおいしい水で氷を作りたい場合には、RO水(純粋)を利用することができます。
RO水には消毒用のカルキが含まれていませんが、細菌やカビの餌となるミネラル分や有機物も除去されています。
そのため細菌が混入しても繁殖することができず、水が腐る心配がありません。

RO水が安全な理由は、不純物を一切含まないからです。
RO水は活性炭や不織布フィルターでろ過をする浄水器とは違い、水以外の物がすべて除去されています。
浄水器はカルキや微粒子を除去することができますが、水に溶けたミネラル分や分子量の小さい有機物までは除去することができません。
これに対してRO水を製造する装置では逆浸透膜やイオン交換樹脂を使用することで、分子量が小さいミネラル分や有機物を全て除去することが可能です。

RO水にはカビや細菌が繁殖するための栄養分が全く含まれていない上に、溶解度が非常に高いという特徴があります。
そのため水に細菌が入り込んだとしても繁殖することができない上に、細胞が水に溶けて死滅してしまいます。RO水には消毒用のカルキが含まれていませんが、細菌やカビが繁殖して腐る心配がありません。

RO水を使った安全な氷の作り方ですが、RO水を補充して通常の氷と同じように氷を作ることができます。
ただし製氷用のトレーや氷を入れる容器は常に清潔に保つようにする必要があります。
もしもRO水に不純物が混ざってしまうと、天然水や浄水器の水と同じように腐ってしまう恐れがあるからです。
完成した氷は素手で取り出さないようにして、必ず専用のスコップなどを使ってコップなどに移すようにしましょう。

関連記事

月間記事ランキング