水を使う生活家電はきれいで安全な水を使用しましょう | ウォーターサーバー隊

電気ケトルの水を入れっぱなしにすると雑菌が繁殖する

電子ケトル

電気ケトルはプラスチックやガラス・ステンレスなどがあり、人によってプラスチックの味が気になったり臭いに敏感になる人もいるでしょう。
基本的にケトルのお湯は使い切るもので、きれいに乾燥させることが大切です。電気ケトルを使用していて変な匂いやまずい味がしたなら、材質やお手入れ方法を見直してみると良いでしょう。

そのまま放置したり入れっぱなしの状態は危険です

危険

電気ケトルにはいろいろな種類があり、例えばプラスチックを使っているとプラスチックの臭いを感じる人もいるでしょう。
ステンレスを使っているなら金属の臭いが気になるという人もいるようです。
材質的な臭いを感じてしまったりまずい味が気になる場合、ガラス製の電気ケトルや電気ポットがおすすめです。
臭いやまずい味は気にならなくなりますが、ガラス製なので割れる可能性があるので注意が必要です。ステンレスの場合は割れることは少ないので頑丈さを優先するならステンレス製を選ぶようにすると良いでしょう。
電気ケトルや電気ポットは扱いが大切で、お湯を入れっぱなしにしておくと雑菌が繁殖する危険があります。
電気ケトルの寿命は、使用者の使い方や使用頻度・お手入れなどによって違ってきます。
2年で壊れるものもあれば定期的に洗浄したりきちんと乾燥して扱っていると4~5年使用できるものもあるでしょう。
毎日使うことが多ので経年劣化は早く、そのまま放置しておくと雑菌が繁殖します。
お湯が腐ることもあるのできちんとした定期的な清掃が重要です。通電しなくなってしまったり内部の部品が劣化し品質が変わると、健康被害を引き起こす原因になるかもしれません。毎日使うのでカルキなどが取れなくなりお湯が腐ることにも繋がります。長く使っている人は注意を払いながら、清掃したり時には買い替えなども必要です。プラスチック製の場合は材質的に汚れやすい傾向があり、割れやすいというデメリットもあるので注意が必要です。ステンレスに比べると早い段階において買い替え時期になる傾向があると言えます。

安心・安全な水を利用することができます

電化製品には寿命がありますが使用頻度などは人それぞれなので、例えば冷蔵庫のように稼働し続けているタイプもあれば定期的に棚から取り出されて使用されているものもあるでしょう。
電気ケトルや電気ポットなどの場合はほとんどの家庭で毎日使用されています。
そのためにあまり清掃をしないで毎日使い続けている人が多く、中にはお湯や水を入れっぱなしにしていることもあるかもしれません。
水とはいえきちんと掃除しないと雑菌が紛れてしまうことがあり、雑菌が繁殖してしまうと健康を脅かすこともあるので注意が必要です。
できるだけケトルの中を拭いたり乾燥することが良く、水を入れっぱなしの状態にしておくことを避けなければいけません。沸騰させた水だから雑菌は死滅するのではと考えてしまいがちですが、確かに沸騰すると雑菌は死滅します。だからといって衛生面に関して注意しなくても良いというわけではなく、製造メーカーからは1日毎に中身の水を入れ替えることが推奨されています。
沸騰すると雑菌はなくなりますが、やはり時々は水を交換したり清掃することによって適切な衛生状態を維持することが可能です。
健康に気を遣っている人は水を毎日交換している人も多いようです。特に一人暮らしの人は一度に使いきれずに水が残りがちなのでこまめに交換したいものです。口に入れるものなので清潔で心配のないほうがよいでしょう。最近ではウォーターサーバーをキッチンに設置している人もいて飲料水に関して意識の高い人が増えています。
健康や衛生的にも電気ケトルや電気ポットの水は定期的に交換することによって、安心・安全な飲料水や料理用水を維持するようにしましょう。

関連記事

月間記事ランキング